こんな事にお困りごとはありませんか?

どれくらいの資金を用意したらいいかわからない

どんな物件を、どうやって探したらいいのだろうか?

設備投資は、どこまでしたらいいいのか?

準備期間は、どれくらい考えたらいいのだろうか?

デイラーとは、どうやってつき会えばいいのだろうか?

集客は、どうしたらいいのか?

あなたの予算に合わせて、場所、設備、材料、集客を組み合わせましょう!

あなたに合った店つくり

こんにちは。ヘアスペースm
松井 清です。

オーナー松井 清

自分のお店を持つぞ〜って、ワクワクしますよね〜。
その反面、出来るかな〜って、不安も…。
私もそうでした。
でもなかなか、ちゃんと相談できる人がいませんでした。

そんな経験から、これから独立しようって方の、
お手伝いをしようと、私は決心しました。

一緒に、やりましょう!

お伝えしたいこと

あなたの【?】を解消できる3つの理由

美容室経営30年の実績!

美容室開業し、生き残る率は、1年で40%、3年で10%、10年で5%と、言われています。
その中で、ヘアスペースmは、創業30年。その実績の積み重ねがあります。

2回の店舗移転に伴う、3パターンの出店方法

初めての出店は、ビルの2階の、居抜きの店舗。
1回目の移転は、木造店舗に。経費削減のため、自分で設計。
2回目の移転は、マンション1階の高級サロン店。
それぞれのノウハウを持ち合わせています。

経営のノウハウ

美容師は、あまりされていない経営の勉強を長年し、ノウハウを持っています。
また、ホームページ制作も出来ます。

私が出店の、お手伝いしたいワケ

 私は30年前、あるお店の雇われ店長でした。ある時、急に店をしないかと、雑居ビルの2階の居抜きの物件を紹介されました。何の準備も無かったのですが、チャンスかと思い、美容師である妻と二人でオープンしました。

 最初1年は大変でしたが、広告と口コミで徐々にお客さまが増え、5年後はまあまあ繁盛店になりました。

 が、その年、阪神淡路大震災が起こりました。店のあるビルは倒壊をまぬがれましたが、お客様の半数以上が、被災されました。

 2年後、まあ持ち直したので、1階の店舗に移りたくなり、自分で設計し、経費を抑えて移転しました。

 しかし、売り上げが徐々に下降して、2013年には、閉店寸前まで追い込まれました。

 思い切って勉強し直し、方針を変え、高単価メニューを取り入れました。

 それが功を奏し、V時回復。2017年に思い切って高級サロンにすべく、2回目の移転を決意し、最高の美容機器と、業界でも高価で有名なところに内装を任せました。

 おかげで去年は、最悪な年の売り上げのほぼ2倍を達成しました。

 ので私は、この実績と経験で、関西近郊で、開業したいが色々不安を持たれている美容師さんが、開業相談に色々あっちこっち聞きに行かなくてもいいように、トータルでアドバイスさせて頂きたいと思って言います。

必要事項をご記入の上、確認画面へお進みください。
当フォームよりよりお問い合わせ頂きますと、ご登録頂きましたメールアドレスに自動配信にてお問い合わせ完了メールが届きます。
お問い合わせ頂いたメールは確認後にご返答いたしますので、今しばらくお待ちください。

お問い合わせ内容のご確認

以下の内容で送信してもよろしいでしょうか?
内容を修正する場合は、下に表示されている「入力画面に戻る」ボタンをクリックしてください。

お申込み完了

この度は、お問い合わせいただきありがとうございました。
お問い合わせいただきました内容を、ご登録いただきましたメールアドレスに自動配信でお送りいたしましたのでご確認ください。
内容を確認後、担当者がご返信いたしますので、今しばらくお待ちください。

お名前必須

メールアドレス必須

誤入力防止のために、もう一度入力してください

お問い合わせ必須

PAGE TOP
MENU
お問合せ FAQ

TEL:078-805-5634

(火曜日以外 9:00 - 18:00)ヘアスペースm